湯浅資之
室長挨拶

日本国内のみならず世界に発信できる成果を生み出す持続奈可能な健康長寿社会のモデルを一緒に創造しませんか!

私は学生時代にひょんな事からバングラディシュを訪問し、多くの人たちが貧困と病に喘ぐ現実を目の当たりにしました。その経験がきっかけとなり、卒業後は国際保健という主に開発途上国の公衆衛生の向上を支援する仕事に従事することになりました。これまで多くの途上国を訪れ、時にはそこに住み着いて国際保健、最近ではグローバルヘルスと呼ばれる分野で母と子の健康や感染症制圧に努めて参りました。

やがて機会があって日本に戻り、大学に奉職するようになると、急増している生活習慣病や少子高齢化の課題が日本に溢れかえっていることに気づきました。また、日本経済は新興国に追い抜かれ、国際競争力も影響力も急落し、萎縮するばかりの日本の現状に驚きました。日本は先進国の一員として平和で安定した国であるはずだという平成初期につくられた勇壮な姿が一気に崩れ始めたのです。途上国よりも「気がつけば途上国」に逆戻りした感のある日本の課題にこそ取り組まなければならないと痛感しました。
また大学人として、これから世界に飛び立たんとしている若者を育成する上で彼らの将来の専門性を考えた場合、いまだ国際保健の学界では母子保健と感染症の専門家を育成する体制のままにあることに違和感を覚え始めました。近い将来必ず、途上国といえども世界のどの国も直面するであろう生活習慣病と高齢化に対するプロフェッショナルを教育することが、彼らの将来に必要であろうと考えるようになりました。
今では生活習慣病や高齢化対策に果敢に挑戦している事例は枚挙にいとまがありません。しかし、医療や介護を社会から切り取って議論しているところを見るにつけ疑問を感じてきました。これらの課題は生活、食、雇用、地域、社会に深く根を張っているわけで、目前の医療、介護の問題だけを見ていたのでは真の対策にはならないと思うからです。もう一段上位の視点、すなわち持続可能な視点から日本社会を俯瞰するものでなければならないと思います。持続可能を維持できるのは、政府だけでもだめで、民間だけの力でも不可能です。考えられる限りの関係者の協働によってはじめて持続性が可能となるのだと思います。このため「産官学住金国(産業界・民間、官行政、学識経験者、住民、金融機関、国際共同)」がこれからのキーワードになるのではないかと考えています。

以上述べた思いを結合して、私たちは伊豆半島を舞台に「持続可能な健康長寿社会」の社会実装を展開したいと思います。その成果は伊豆の住民に恩恵を与えるものですが、日本あるいは世界に向けて発信される「地球公共財」になることを望みたいと思います。つまり、世界の全ての人が活用可能な生活習慣病を克服し、安心して長寿を全うできる技術であり、仕組みであり、思想が伊豆で創造されることを期待しています。また伊豆で育った人材が、日本や世界に羽ばたいていって欲しいと思います。
私は2018年の春、奈良の斑鳩の里・法隆寺を訪問しました。そのとき突然に「陽伊豆る国構想」という名称が閃きました。聖徳太子の書簡の如く極東の伊豆から日が昇るように、伊豆で生まれ育った地球公共財や人材が世界を照らしていってもらいたいという意味が込められています。陽伊豆る国構想は関心のある全ての方に門戸を開いています。皆さんのご参加をお待ちしています。

陽伊豆る国構想準備室 室長 湯浅 資之
順天堂大学国際教養学部グローバルヘルスサービス領域 教授
順天堂大学グローバルヘルスプロモーション・リサーチセンター 副所長

【室長プロフィール】
湯浅 資之(ゆあさ もとゆき)順天堂大学国際教養学部 国際教養学科 教授
北海道大学医学部を卒業。北海道保健環境部、北海道静内保健所長を経て、国際協力事業団(JICA)フィリピン国エイズ対策プロジェクト、ブラジル国東北ブラジル健康なまちづくりプロジェクトのチーフアドバイザーを歴任。国立国際医療センター国際医療協力局勤務の後、北海道大学大学院、順天堂大学大学院医学研究科を経て、現職。