陽伊豆る国構想とは

陽伊豆る国構想

陽伊豆る国構想は、伊豆半島をモデル地区として、産官学金連携の元、持続可能な健康社会、まち、もの、ひとつくりを目指します。アジアを中心とした海外諸国との連携の元、ビッグデータ、AI、IoTの有効活用を行います。アジアを中心とした海外諸国との連携の元、ビッグデータ、AI、IoTの有効活用を行います。陽伊豆る国構想 準備室は上記の目的達成のため勉強会、メーリングリストを通して情報交換、情報共有を行います。
陽伊豆る国構想 準備室では、問題意識やビジョンを共有し、課題解決に不可欠な共有の正解指標とゴールを定め、その達成のために継続的にコミュニケーションを取りながら「問題に対応できる社会システム」づくりを行っていきます。



協働ガバナンス

多様な主体と協力してソーシャル・プロジェクトを進めるための「協働ガバナンス」を基に取り組んでいきます。少子高齢化の急速な進行の中で、地方消滅が議論される日本の地域社会におけるSDGsの達成を考える際、地域の持続性課題を解決する社会イノベーションをどのように創造するのかが重要な鍵となります。さらに、こうした社会イノベーションの波及メカニズムの推進とともに、社会イノベーションと技術イノベーションとが共創される累積的メカニズムを社会的に構築することが重要です。