陽伊豆る国構想とは

陽伊豆る国構想は、伊豆半島をモデル地区として、産官学金連携の元、持続可能な健康社会、まち、もの、ひとつくりを目指します。アジアを中心とした海外諸国との連携の元、ビッグデータ、AI、IoTの有効活用を行います。陽伊豆る国構想準備室は上記の目的達成のため勉強会、メーリングリストを通して情報交換、情報共有を行います。
目指すは社会システムのシフト。多様な主体が自ら新しい考え方を取り入れ、自ら働きだすことが大切になります。問題意識やビジョンを共有し、課題解決に不可欠な共有の正解指標とゴールを定め、その達成のために継続的にコミュニケーションを取りながら、つながる力を新しい未来の創造に活かし…

陽伊豆る国構想
私たちの取り組み

企業、NPO、地域が連携して進めるSDGs(持続可能な開発目標)
新しい社会システム構築による価値創造を目指します!

すべての人に健康と福祉を
<すべての人に健康と福祉を>

あらゆる年齢のすべての人の健康な生活を確保し、福祉を増進することです。予防接種に10 億ドルを費やせば、毎年100 万人の子どもの命を救うことができます。健康と福祉を得られることは、ひとつの人権です。すべての人に最高水準の健康と医療へのアクセスを!

住み続けられるまちづくり
<住み続けられる街づくりを>

都市を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にすることです。世界人口の半数にあたる 35 億人は現在、都市で暮らしていますが、この数は増加を続ける見込みです。社会的、経済的な損失を回避するためには、都市のレジリエンス構築が欠かせません。

海の豊かさを守ろう
<パートナーシップで目標…>

持続可能な開発のためのグローバルなパートナーシップを活性化することです。各国が定めた開発の優先課題と成果に見合う開発協力を行うためには、特に脆弱な国々で、より一層の取り組みが必要です

陽伊豆る国構想 チーム紹介

陽伊豆る国構想準備室は、勉強会等を開催し、情報交換、情報共有を行います。